お肉の通販を徹底比較!お肉の総合通販カタログ

お肉の総合通販カタログ

お中元・お歳暮のマナー・知識

初めてお中元やお歳暮を送る際、何を送れば良いのか・どのようなタイミングで送れば良いのか、戸惑いが生じるはずです。こちらではお中元とお歳暮のマナーや知識について紹介していきます。

お中元とお歳暮の違いを知ろう

〜お中元〜

お中元とはその年の「上半期」にお世話になった方へ感謝の意を込めて贈物を贈ることをいいます。地域、各土地の風習によって若干異なります。

東日本
7月上旬~15日
西日本
7月中旬~8月15日

までが一般的となります。
お中元の始まりは江戸時代。元々ご先祖様が帰ってくるとされるお盆や盂蘭盆会に合わせ、「盆のお礼」として親戚やお世話になった方へ粗品を送ったことがはじまりとなります。間違って4月や5月にお中元として贈物してしまうと受取手が戸惑う可能性があるので注意しましょう。お中元を贈る対象は基本的に上司や役員などの目上の方や取引先企業となります。一般的に予算は3〜5千円程度とされています。熨斗(のし)については中央に「御中元」と書いたものを添付しましょう。

〜お歳暮〜

お歳暮はその年にお世話になった方へ贈物することをいいます。従って贈る時期はお中元とは異なり

東日本
11月下旬~12月20日前後
西日本
12月13日~20日前後

となります。 こちらも江戸時代からの風習で、「1年お世話になりました」という感謝の気持ちと「これからも宜しくお願い致します」という思いが込められています。贈る対象となる方は上司や同僚、取引先、友人などお中元よりも幅が広まります。こちらも予算はお中元同様3〜5千円程度が一般的です。但し、お中元とお歳暮を比べるとお歳暮の方が「一年の締めくくり」ということで一般的に重視されます。そのためお中元を贈ったお相手にお歳暮を贈る際にはお中元のときよりも少しだけ高級感を出すことをおすすめします。熨斗(のし)についてはお中元同様中央に「御歳暮」と書きます。

商品選びのコツ

お歳暮やお中元で贈る品についてこれといって決まりはありません。しかし相手の方になるべく喜ばれる品を贈ることを心掛けるべきでしょう。お酒がお好きな方でしたらビールの詰合せやウイスキー、日本酒など。海産物がお好きな方でしたら干物や塩辛、鮭の塩漬け、とば等々。好みに合わせた商品を贈ると喜ばれるはずです。また相手の方の好みが分からない場合はドレッシングや高級オイル、香辛料や缶詰の詰合せなど生活の中で必ず消費するようなものが良いでしょう。

また「日持ちする品」を選ぶことも大切です。贈り先が大家族である場合には、ある程度物量があってもそれを消費することができます。しかし夫婦2人暮らしや3人家族になると思うように量を消費することができません。贈物を贈る際にはある程度消費期限の長い商品を選ぶことが重要なポイントとなります。

失礼にあたる行為

お中元やお歳暮で贈物を贈っても、内容によって失礼に当たる場合があります。贈物を贈る際には以下の点に注意しましょう。

商品券やお金

好みのものを購入出来る商品券やお金は便利で融通が利くものですが、相手の方に喜んでもらおうという贈物を贈る側の努力や気持が窺えません。この場合はカタログタイプのギフトを贈ると良いでしょう。

縁起の悪いもの

靴や靴下、マット、スリッパなどは「踏みつける」ものですのでNGとなります。その他、縁を切るという意味でハサミや包丁などの刃物。衣類も「普段みすぼらしい格好をしている」と捉えられる可能性があるため、贈物から外すよう心がけましょう。

相手の苦手なもの

お酒を飲めない方にお酒を送ったり、甘いものが苦手な方にお菓子を送ったりすることは勿論NG。贈物を贈る際には相手の苦手なものを知っておくことが大切です。

お中元やお歳暮の期間が過ぎてしまったら…

忙しく過ごされているとお中元やお歳暮の時期を逃してしまうことが良くあります。
そんな時はお中元の場合は

  • 暑中見舞い
  • 残暑見舞い

お歳暮の場合は

  • 寒中見舞い

などと熨斗に書き贈ると良いでしょう。基本的にお中元もお歳暮も「感謝の気持」が込められているものですのでそれぞれ期間を過ぎて贈っても失礼には当たりません。